移転祝・引越祝のマナー

会社の移転、個人宅の引越などは季節問わず1年中あることです。

大切な取引先が移転する、仲の良い友人がお引越しするというとき、どんな贈り物で御祝するのがよいのでしょうか?

贈る時期、贈り物の種類など一般的なマナーを知っておくと、突然のときも悩んだり、あたふたしたりしなくて済むと思います。

簡単にマナーをまとめましたのでぜひぜひ参考にしていただき、センスがキラリと光る贈り物をして盛大に御祝していただけたらと思います。

 

■贈り物をする時期

まず贈り物をする時期ですが、招かれた場合は当日持参もしくは、前日か当日の朝までに到着するように手配することが大切です。

 

当日の訪問が困難な場合(遠方の場合、都合がつかない場合など)は、オフィスの移転、引越の便りがきてから2週間以内には贈ることが一般的です。

 

場合によっては、御祝とはいえない諸事情による移転や引越の場合もあり、御祝を控えるべきときもありますので、そこは事前に理解、検討し、どうすべきか考えることが重要です。

 

■実際に贈るプレゼント

実際に贈る物ですが、人気のあるものは観葉植物やお花です。

中でも近年移転・引越祝に人気が上昇し定番となっているのが「胡蝶蘭」です。

観葉植物と比べて華やかさ、上品さや美しさを兼ね備えており、新社屋や新居を明るく彩ってくれます。

また、ほかのお花と比較しても、花粉も飛ばず、においもないので場所を選ばず飾れることも魅力です。

花持ちもよく、5か月前後は咲き続けるので、長い間観賞できることも非常に魅力的といえるでしょう。

 

個人の引越の場合は、食器類や日用品(タオル、キッチングッズ)などもよく選ばれます。

好きな商品を選べるカタログギフトを渡す方もいらっしゃいます。

ただし、これらは既に持っているものと重なったり、カタログギフトで選んでハガキを投函するのを面倒に感じる人も意外と多いので注意が必要です。

 

■移転祝・引越祝の注意点

火にまつわる物、赤色のものは、火事を連想させるため避けたほうがよいです。

胡蝶蘭を贈る場合は「赤色のお花」や「赤いラッピング」は避けたほうがよいでしょう。

 

移転祝、引越祝のマナーをご紹介しました。

いかがでしたか?

ぜひ、大切な方の御祝の機会に参考にしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です