花輪、花束と胡蝶蘭の違い

「御祝にはお花を」という風潮は日本でも当たり前になっていますよね。

 

様々なお花がある中で、就任祝い、新居祝い、誕生日祝いなど、あらゆるお祝いの場で近年よく選ばれているお花。

その中でも近年人気急上昇中なのが〝胡蝶蘭〟です。

 

規模の大きな御祝といえば「花輪」、誕生日など個人的なお祝いは「花束」が定番ではないの!?と感じられる方もいらっしゃるでしょう。

 

もちろんそれらを贈られる方もたくさんいらっしゃいます。

 

では胡蝶蘭との違いはどんな部分なのでしょうか?

胡蝶蘭を選ぶ方はどんな部分を魅力に感じて胡蝶蘭を選択しているのでしょうか?

 

「開店祝い」などという大きな文字とともに店先などでよく見かける花輪も御祝に昔からよく贈られているお花です。

花輪は短い間、屋外に飾るのが定番ですが、胡蝶蘭は長い期間、室内で飾ることが一般的なお花です。花輪と比べて胡蝶蘭は花持ちが良いので、長い期間お花の美しさや御祝い感を楽しむことができます。

 

また個人的なプレゼントとしてよく利用される花束の場合は切花を使うので、花持ちの期間はこちらも限られてしまいます。花束と比較しても持ちが良いことは胡蝶蘭の魅力です。

花束よりも断然ボリューム感、華やかさもあります。

 

胡蝶蘭は価格、種類も豊富なので、予算や好み、御祝の規模(法人・個人)に合わせて適したお花を都度選べることもうれしいポイントでしょう。

 

これからますます、花輪、花束から胡蝶蘭へと需要が移り変わっていき、御祝の定番中の定番になっていくことは間違いないと思います。

 

特別な御祝、個人的な誕生日や記念日に、ボリュームがあり長い間楽しめる華やかな胡蝶蘭を贈ってみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です